週刊ベースボールONLINE

道具の流儀 2019

楽天・島内宏明 ミズノのバット 徹底した“品質管理”で変化を許さぬこだわり

 

プロ入り後、“星野チルドレン”の一人として台頭し、プロ8年目の現在ではチームに欠かせぬ外野手に成長した。今季は四番、二番と打線の中で役割が変化するも、変わらぬ活躍を見せている。それを支えているのが、どんなときでも手入れを欠かさないこげ茶色のバットだ。
取材・文=阿部ちはる 写真=井沢雄一郎


 リーグトップの逆転勝利数を誇るなど、上位争いを演じている楽天を支えているのが攻撃陣だろう。特に開幕直後はエース2人を欠く中、その不安を感じさせない戦いぶりを見せた。その中核を担うのが開幕当初に四番を務めていた島内宏明であり、34インチ、895グラム、メープル素材のバットである。このミズノのバットは村田修一(元横浜ほか)モデルで、アマチュア時代から使用しているもの。ただ、プロ入り後に「アウトコースがすごく遠く見えたので変えてみたら、結果がガラッと変わった」と1センチ長くした。それ以降はサイズも重さもほぼ手を加えていない。

 色は黒や茶色などを試し、焼き目のついた現在のカラーに落ち着いた。ただ、「使っている人が増えてきたのでそろそろ変えようかな」と大きなこだわりがあるわけではない。とはいえ、黒は使用しない。「僕は振っているところが“見えていたい”んです。黒はスイングしていてどこを振っているか分からないときがある」とそのカラーにも理由はあるようだ。

 島内はバットの重さとグリップの管理を毎日欠かさず行う。それは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

道具の流儀

道具の流儀

プロフェッショナルたち(選手、コーチ、スタッフ含む)のこだわりの道具、ギアをクローズアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング