週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

實松一成捕手・正捕手を巡る争いに参戦

 



 長年正捕手を務めてきた阿部が一塁に転向する。扇の要を巡って、キャンプからシ烈な争いが始まるが、實松一成は「みんながチャンスだと思うし、みんながライバル。でも、ポジションは1つしかないので。そこをみんなが狙っていくと思うけど、負けないように準備して、結果を求めて(正捕手として)座れるように頑張ります」と決意を語った。

 2年目の小林に、ヤクルトから移籍してきた相川、加藤などと争う。昨季は故障の影響もあって14試合の出場にとどまったが、ここ数年、阿部の休養日や故障で離脱した際は、實松がその穴をしっかりと埋めてきた。「自分ができることをしっかりやって、アピールして、チームの勝ちにつなげていければ」と堅実なプレーで、ライバルとの争いに挑む。

 オフは昨年に続き、同学年の村田と沖縄で自主トレーニングに励んでいる。課題は打撃。下からあおらないように、バットを最短距離で出せるようにと、ティー打撃からフォーム固めに取り組んでいる。「ホームラン打者ではないので、僕は。大きいのを狙わずに、しっかりとボールにコンタクトできるように、という考えでやっている」と確実性のアップを狙っている。送球の動きも、見直していた。小林ほどの強肩は持ち合わせていない。

「(肩の)強さで勝てないんだったら、何でカバーしようか、というところを考えながらやっている」とムダのないスローイング、より速い送球スタイルを模索している。「自分の中でターニングポイントになる年になると思う。しっかりと準備して、後悔がないようにやりたい」。ベテランは並々ならぬ思いでオフを過ごしている。

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング