週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

楽天・岡島豪郎 現状に不満も失わない前向きさ/ユーティリティーの輝き

 

苦しい中でも明るさは変わらない


 極度の打撃不振でも一軍に必要な戦力だ。岡島豪郎は外野手、第3捕手、そして選手会長と3つの役割を果たしている。現状では外野の守備固めとしての出場が多いが、捕手2人制を採用できるのは岡島が一軍にいるからこそ。ベンチスタートでも、声でチームを鼓舞し雰囲気をつくる姿は、選手会長にふさわしいものだ。

 開幕直後はスタメンとして外野の一角を担っていた。しかし、4月25日のロッテ戦(楽天生命パーク)の第3打席から39打席、35打数連続無安打。「ここを乗り越えれば、もう一皮むけられるんじゃないかと思っている」と前向きに不振脱出を目指したが、調子を大きく戻すことはできなかった。9月2日の時点で打率.190と不本意な数字のままだ。

 現状に満足しているわけではないが、前向きな姿勢は変わらない。「難しさはもちろんありますけど、楽しいですよ。毎日、目的を持って球場に来るのは。こういう成績で、楽しいとか言うのは申し訳ないですけど」。不振脱出を目指して汗を流すと同時に、実際に3試合でマスクをかぶるなど、非常事態への準備も怠っていない。

 何より大事にしているのは、チームに貢献すること。「試合に出てなくても、やれることはある。声を出したり。試合に出たら、それまでやってきたことを何とか出そうと思いますし。何とかチームに貢献したい」。もちろん、目指しているのはレギュラーの再奪取。チームのため自分のため、日々全力で野球と向き合っていく。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング