週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

広島・中崎翔太 リズムつかめぬスタートも徐々に本領/守護神たちの序盤戦

 



 気合が入った。4月17日、熊本・リブワーク藤崎台での巨人戦。味方が9回表に3点取って逆転し、中崎翔太に出番が巡ってきた。一死から味方の失策と四球で一死一、二塁。一打同点のピンチで陽岱鋼を二塁への併殺打に仕留めた。チームの連敗を2でストップ。今季2つ目のセーブを手にし「しっかり続けていきたい」と話した。

 1週間前に悔しい思いをしていた。4月10日のヤクルト戦(マツダ広島)。今季初めてイニングをまたいだ2イニング目。延長10回一死満塁から山田哲の当たりが菊池涼の失策を誘い、勝ち越された。その瞬間、マウンドでヒザをつき、顔をしかめた。持ち味のポーカーフェースを崩してしまうほど、この勝負にかけていた。次打者・バレンティンに右前適時打を打たれたところで交代。1イニング12点のきっかけをつくり、今季2敗目を喫した。

 チームが開幕から低迷し、中崎の出番も限られていた。開幕1巡目5カードでの登板は4試合。そのうちセーブがつく可能性があったのは1試合しかない。リズムをつかみにくい状況が続いていた。それでも、それを言い訳にできないのが守護神でもある。

 調子が悪いなら悪いなりに決定打を打たせない。自らの状態を把握した上で、相手の狙いを見極め、ベストボールを投げ込む。それが、中崎のスタイルだ。どんな形でも、チームが勝つための最後のとりでになればいい。中崎はこれからも自らと向き合い、チームのために投げ続ける。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング