週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・伊藤裕季也 悔しさ胸にファームでアーチ量産/待たれる一軍デビュー

 

7月にはフレッシュオールスターに出場し、豪快なスイングを披露


 楽しみな選手であることは疑いようがない。今季、ドラフト2位で入団し、引き継いだ背番号は荒波翔の「4」。伊藤裕季也にも、先輩選手と同じような期待がかけられた。

 入団会見で色紙に書き記したのは「準備」の文字。「プロで戦うためには結果が大事。結果にこだわるために、抜かりなく準備をしていきたい」と決意表明した。立正大では4年時に主将を務め、秋季リーグ優勝と明治神宮大会優勝に貢献。ラミレス監督は「すごい才能を持っている。将来は、四番を打つ可能性を十分に秘めている」と戦力構想に組み入れた。冷静に自己分析ができ「大学時代からの課題。逆方向に強い打球が打てる宮崎(宮崎敏郎)さんに話が聞きたい」と向上心も旺盛。胸を躍らせ、プロの世界へ飛び込んだ。

 二軍スタートだったキャンプは2月17日の巨人戦(那覇)でデビュー。左腕・田口麗斗からいきなり右前打を放った。「自信にし過ぎず、やっていこうと思います」。控えめな新人への吉報はその6日後。アピールの場を一軍に変えた。本職の二塁はソト、石川雄洋柴田竜拓らが競う激戦区。

 状況が暗転したのは3月7日の中日戦(ナゴヤ球場)だった。打撃時の緩慢な走塁で「受け入れがたいプレー」(ラミレス監督)と懲罰交代を命じられた。再浮上することなく、ここまで一軍出場なし。悔しさを胸に刻み、イースタンでは79試合で11本塁打を記録している。182センチ、96キロ。前途を切り開くだけの力は、十分に持っている。

写真=榎本郁也

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング