週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

阪神・守屋功輝 内角を攻め続け/飛躍のシーズン

 

一軍で生き残るため、思い切り打者の内角を突いて、存在感を示してきた守屋


 プロ野球界で5年目と言えば、ひとつの区切りになる。社会人出身だった守屋功輝にとって、まさに今季は背水のシーズンだった。

 今シーズンの初登板でさえ「最後のチャンスと思って投げた」というほどの悲壮感だったが、その後の働きは、勝っても、負けても「守屋」という状況になっていった。

 初の一軍春季キャンプで自信をつけた開幕前は「40試合から50試合は投げたい」と目標を掲げた。その時点での活躍は未知数だったが、度胸のある投球で、その数字をクリアした。

 DeNA広島中日……と、同一カード3連戦3連投をやってのけた。左の島本と並んで、貴重なリリーフ役を演じ、チームに貢献してきた。

 特に、6月2日の広島戦(マツダ広島)で、2点差に迫られた6回二死一、二塁の場面でガルシアの後を受け、四番・鈴木を見逃し三振に仕留めた成長を見せた。

 小さいころからの阪神ファンで矢野ファン。昨シーズンは二軍で39試合に登板し、ファーム日本一をアシストした。矢野監督の一軍昇格で、守屋が中継ぎに抜てきされた。

 シーズン終盤になって疲労も蓄積したのか苦しい登板が続いた。だが福原投手コーチが「この経験が自信になるはず」と評価したように、ほぼシーズンを通して投げ抜いた。

 本人は「左打者にも、右打者にも内角を使わないと抑えることができない」と懐を突いてきた。生き残りをかけた勝負の1年は、来季につながるマウンドだった。

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング