週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

ロッテ・岡大海 まだまだ伸びしろ十分の眠れる才能/来季こそ主力に

 

岡には大きなポテンシャルが秘められている


 来季は29歳になる岡大海が、本人も周囲も悲願のレギュラー獲得へ向けて、まるで入団2、3年目の若手のように忙しいオフを過ごしている。

 11月からは20歳の安田尚憲、23歳の左腕・山本大貴とともにプエルトリコのウインター・リーグに派遣される。「プエルトリコでは、日本では体感できないスピード、パワーを感じ、レベルアップして帰ってきたい」。ウインター・リーグは若手成長株を派遣するのが通例だが、今回は球団がそれだけ岡の体にはまだ、眠っている伸びしろがあると見込んでいる証拠でもある。

 今季は95試合に出場し、打率.227、6本塁打、16打点、13盗塁。盗塁は14企図で失敗は1度だけの成功率.929と、投手出身の強肩を生かした守備、そして代走としてチームに欠かせない存在だった。

 ただ、裏を返せば才能を持てあまし、レギュラーをつかみ切れない男でもある。今季は開幕一軍入りを果たしたが、21打席連続無安打と極度の不振で二軍降格を味わった。打球の飛距離もチームトップクラスだが、確実性に欠ける。「きっかけをつかんでほしい」と井口資仁監督は、秋季練習に参加した岡を若手主体の宮崎フェニックス・リーグに途中派遣。実戦の繰り返しで覚醒を待つ。

 外野のレギュラー候補は来季、荻野貴司が35歳、清田育宏は34歳、角中勝也は33歳と年齢層が高い。昨季途中にトレード移籍し、「うちのチームにマッチする」と指揮官も気に入る攻守走を備えた岡。原石は磨かれ、光り輝く時を待っている。

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング