週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

DeNA・藤岡好明 「困ったときのフジオカさん」/最年長の意地

 

速球が武器の投手が並ぶ中で、藤岡のようにサイドハンドの技巧派はブルペンでも貴重な存在だ


 紆余(うよ)曲折を経ながら、一歩ずつ前へ進んできた。「年齢は追いかけないようにします」と苦笑いしたのは藤岡好明だ。伸び盛りの若手がそろうDeNAで、34歳は日本人最年長。「僕のイメージは吉田修司さん、小久保(小久保裕紀)さん、松中(松中信彦)さん、稲葉(稲葉篤紀)さん。まさか僕がそういう立場になるとは……」と時代の流れを実感した。

 ソフトバンク日本ハムとパ・リーグでもまれ、横浜に身を置いて5シーズン目。「1年でも長く現役をやりたい。1日1日をムダにしないようにしなければいけない」と力を込めた。
 昨年は6年ぶりに30試合をクリアし、32試合で1勝1ホールド、防御率1.86。貴重なサイド右腕としてブルペンを支えた。「今はパワーピッチャーが評価されやすい時代。『技巧派の意地』じゃないですけど、そういうものを見せたい気持ちはあります」。直球は140キロ前後でも、スライダー、シュート、シンカー、カットボールと多彩。引き出し豊富なベテランを頼る後輩は多く、1月は宮崎で濱口遥大国吉佑樹平良拳太郎飯塚悟史と合同自主トレに励んだ。

「後になって後悔するような野球人生を送ってほしくない。僕がそうだったので。少しでも手助けになれれば……という思いです」。午前10時から午後4時半までのハードメニュー。「フィジカルで負けているつもりはないので」と充実感を漂わせた。ハイレベルな救援陣に不可欠な存在。「困ったときのフジオカさん」が渋く、味のある働きを見せてくれそうだ。

写真=大賀章好

関連情報

関連キーワード検索

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング