週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

楽天・則本昂大 チームを支える柱/あの悔しさを胸に

 

生え抜き右腕として存在感を示している


 9月24日のオリックス戦(京セラドーム)。則本昂大が7回1/3を7安打3失点の粘投で、2018年以来3年ぶりとなる10勝目を飾った。「この3連戦を勝ち切らないと優勝は見えてこない。本当に勝てて良かった」チームの勝利に貢献できたことを素直に喜んだ。

 反省を生かした。9月2日のソフトバンク戦(PayPayドーム)。初回先頭、牧原大成に先頭打者弾を被弾するなど、2発を浴び5回5安打5失点。「ちゃんと試合をつくりたい」と投球を見直した。その後の登板でも直球のキレと変化球の精度の向上を目指し、微調整を続けた。

 24日のオリックス戦では自慢のフォークを見極められ、序盤から走者を背負う展開。だが、リズムは崩さなかった。「見逃されても、辛抱強く投げることが大事だと思っていた」。最速156キロの直球を軸に、我慢強く低めを突いた。

 中盤からは、自慢のフォークで何度も空振りを奪った。「ちょっとフォークボールに執着し過ぎたかなというのはあるんですけど、逆に、中盤にそれが効いてくれたので良かったのかなと思います」。試合中にも修正を加え、相手を幻惑した。

 2ケタ勝利は7度目で、6度の田中将を抜いて球団史上最多。19年にGMとして7年契約を結んだ石井GM兼任監督は「彼が楽天で柱としていてくれることがいいと思って契約に臨んだので、僕としてもすごくうれしい。長く柱として君臨してほしい」と期待した。過去2年とも5勝止まりだった右腕の復権は、チームにとって大きな力になる。

写真=BBM

関連情報

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング