週刊ベースボールONLINE

オーロラビジョン

フル回転を誓う“ビッグダディ” ロッテ・国吉佑樹/増えた家族のためにも

 


 昨季終了後の11月、国吉佑樹は自身のSNSで待望の三女を誕生したことを報告した。

「実はシーズン中に第4子となる三女が我が家に産まれていました」

 ちょっと照れたような様子で「優勝争いの最中でなかなかタイミングが分からず、シーズン後のこのタイミングになってしまいました」とし「一男三女の父親として更に頑張らないと」と決意を記した。

 昨年6月にDeNAからトレードで加入。移籍後は25試合に登板し、2勝0敗17ホールド2セーブで防御率1.44の数字を残し、最後までオリックスと優勝を争う原動力となった。これまで経験したことがない激動の一年であったと同時に、充実感にも満たされた。

 年末年始は家族でつかの間の休息を楽しんだという。

「温泉に行って、体も心もリフレッシュした。(4番目の子どもが)9月に生まれて、家族6人と母、妹の大所帯で久しぶりにね。子どもが増えた分、責任ものしかかる。親としてはしっかりとやらないといけない」

 あらためて口にしたのは責任の重さだった。

 2年連続2位に終わったチームからも、求められる役割は大きくなる。

「昨年は優勝争いの中に飛び込んで、ある程度流れはできていて、流れに身を任せた。今度は自分たちで流れをつくらないといけない。優勝をつかみとらないといけないし、昨年よりその気持ちは強い」

 160キロの剛速球を誇る身長1メートル96センチの“ビッグダディ”は、開幕からのフル回転を誓った。ブルペン陣の大黒柱として、守護神・益田に今季もつないでいく。

写真=BBM
週べ・オーロラビジョン

週べ・オーロラビジョン

週刊ベースボール各球団担当による、選手にまつわる読み物。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング