週刊ベースボールONLINE

WEEKLY TOPIC

大竹FAも、栗原、石原は残留

 



 海外FA(フリーエージェント)権を保有していた栗原健太内野手が、11月13日、権利を行使せずにカープへ残留することを表明した。今季は右ヒジ手術の影響でシーズン24試合出場にとどまり、打率.203、0本塁打、4打点と低迷。来季、レギュラーの保証はなく、「残っても、出ても勝負をかけないといけない立場」と、出場機会を求めてのFA宣言も視野に入れていたが、チームへの愛着、人的補償を伴うAランクであることなども考慮して決断した。

 また、同じく海外FA権を保有していた東出輝裕内野手、石原慶幸捕手も残留を表明し、頼もしいベテラントリオが来季もカープのユニフォームにソデを通す。

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング