週刊ベースボールONLINE

Weekly Topic

ヤクルト 主砲・山田哲人の活躍でドロー

 


 驚異の粘りでドローに持ち込んだ。5月8日の阪神戦(神宮)、5点ビハインドの8回。太田、宮本、青木の3連打で無死満塁とすると、四番の山田哲人内野手がライトオーバーの2点適時二塁打を放つ。さらに雄平が2点適時二塁打、村上が犠飛を放ち、一挙5得点の猛攻で同点に追いついた。

 さらなる見せ場は延長12回に訪れる。2点を勝ち越された直後に山田哲が先頭打者として打席に立つと、左翼ポール直撃弾を放ち、1点差に迫る。チームはその後、二死二塁から代打・中村の右越え適時打で追いつき、試合は引き分けに。「追い込まれていたから何でもスイングしようと思っていた」と山田哲。主砲の活躍で負けを回避した。

関連情報

関連キーワード検索

WEEKLY TOPIC

週刊ベースボール各球団担当がピックアップする注目ニュース。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング