週刊ベースボールONLINE

日本独立リーグWatch

サイド系譜継ぐ新人 神奈川・石井翔/BCLリポート

 

右サイドから最速148キロの直球を投げ込む神奈川・石井。すでにNPBスカウトがマークしている


 一昨年の松岡洸希(埼玉武蔵 - 西武)、昨年の石田駿(栃木 - 楽天育成)とBCLから2年続けてドラフト指名されているのが「サイドハンド」である。

 その系譜を受け継ぐ投手が現れた。神奈川の新人・石井翔(富士大 - エイジェック)である。最速148キロをマーク。ここまで4試合に登板し、4回を投げ被安打0、三振7と安定している。4月25日の新潟戦では6対5と1点リードの9回を三者凡退に抑え、初セーブを挙げた。

「試合が長引いたためにうまく肩をつくることを考えながら準備しました。球の方向性は悪くなかったので、いけるかなと思いました」

 この日・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

日本独立リーグWatch

独立リーグ(BCL、四国IL)の今を毎週お届け!

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング