週刊ベースボールONLINE

日本独立リーグWatch

責任感が進歩の糧に 高知・山崎勝也/四国ILリポート

 

ハーラートップタイの3勝、防御率0.35[1位]と好調の高知・山崎


 愛媛・正田樹(元日本ハムほか)との投げ合いは、きっと投手戦になる――。愛媛対高知前期4回戦(4月23日、宇和島市)のマウンドに、高知先発・山崎勝也(富士見高)は、いつも以上の気合いを入れて臨んだ。

 初回、先頭打者に内野安打を許す。だが、次の打者を内角へのストレートで詰まらせ、三ゴロ併殺打に打ち取った。ここから勢いに乗る。

 8回を投げ無失点、2試合連続無四死球の内容で3勝目を挙げた。四死球のことは意識していなかった。

「『また四死球ゼロだよ』って言われて。あ、そうだったんだ、みたいな」

 この日・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

日本独立リーグWatch

独立リーグ(BCL、四国IL)の今を毎週お届け!

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング