週刊ベースボールONLINE

日本独立リーグWatch

成長途上の高卒右腕 群馬・西濱勇星/BCLリポート

 

最速149キロの直球が武器の群馬・西濱


 低めに伸びる直球に大いなる可能性を感じた。

 群馬の高卒新人・西濱勇星(関東学園大付高)が5月26日の新潟戦の8回に3番手として登板。打者5人に対し無安打、2四球、2三振で1回無失点に抑えた。この日が公式戦2試合目の登板で、直球の最速は144キロをマークした。

「開幕後、球速がなかなか上がらず、制球も荒れてしまい、全然いいところがありませんでしたが、少しフォームを変えてみたところ、今日はいい感触でした」

 地元・太田市出身。関東学園大付高では入学時に107キロだった球速が「フォームやトレーニングを工夫した」という結果、卒業時には最速149キロまで伸びた。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

日本独立リーグWatch

独立リーグ(BCL、四国IL)の今を毎週お届け!

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング