週刊ベースボールONLINE

日本独立リーグWatch

3年目の成長 徳島・宇佐美真太/四国ILリポート

 

5月29日、香川戦で3本目の安打を記録し、一塁ベースに立つ徳島・宇佐美[写真=佐藤友美]


 徳島・宇佐美真太(大阪偕星高)のバットが好調だ。コロナ禍による球団の活動中止期間を乗り越え、5月22日の公式戦再開を、打率.433(リーグ1位)で迎えた。

 だが28日、ひさしぶりのホームゲームとなった、対香川前期3回戦(徳島市)で4打数無安打に終わる。4月後半から守ってきた首位打者の座を、1カ月ぶりに明け渡した。

 しかし、数字が下がったことは気にしていない。3年目の今季、精神面に大きな変化がある。

「去年など・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

日本独立リーグWatch

独立リーグ(BCL、四国IL)の今を毎週お届け!

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング