週刊ベースボールONLINE

日本独立リーグWatch

合同トライアウト開催/四国ILリポート

 

シート打撃を見守る四国リーグ4球団の首脳陣


 11月14日現在、今季限りで四国リーグ4球団を退団する選手の数は、最も少ない高知で17人(任意引退選手6人)。最も多い徳島が22人(任意引退選手9人)を数える(育成ドラフトで指名された3人を含む)。

 独立リーグは毎年、選手の入れ替わりが多いことが常だが、各球団ともほぼ半数が入れ替わる見込みだ。

 新入団選手獲得のための合同トライアウトが、大阪と高知の2カ所で開催された。昨年のトライアウトで合格し、徳島に入団した村川凪外野手(四日市大)は、DeNAから育成1巡目で指名されている。

 10月30日、日本生命グラウンド(大阪府貝塚市)で行われた第1回トライアウトには53人が臨んだ。

 午前10時、野手の遠投からテストが始まる・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

日本独立リーグWatch

独立リーグ(BCL、四国IL)の今を毎週お届け!

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング