週刊ベースボールONLINE

伊原春樹コラム

伊原春樹コラム「高校野球を見て感じたこと プロよ、投球間隔をもっと短く!」

 

今季もテンポのいい投球を見せる石川[写真=湯浅芳昭]


 8月29日、夏の甲子園決勝が行われ、智弁和歌山高が智弁学園高を下し、3度目の優勝を飾った。今年は雨にたたられ、グラウンド状態が悪い中でのプレーが続いた。新型コロナ禍でもあり、いろいろと気苦労も絶えなかっただろうが、頂点に立った智弁和歌山高には拍手を送りたい。

 夏場は例年、昼は高校野球、夜はプロ野球を観戦するのが常だが、そのときいつも感じるのが高校野球の試合の流れの速さだ。高校球児のハツラツさと相まって、非常にさわやかな印象を受ける。逆にプロ野球はどうしてもゲームの流れが悪く、重い空気が漂っているように感じてしまうのだ。

 高校野球と違って、プロ野球は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

伊原春樹の野球の真髄

座右の銘は野球道。野球評論家として存在感を放つ伊原春樹の連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング