週刊ベースボールONLINE

惜別球人2016

引退の阪神・福原忍に聞く「この応援を次の若い後輩たちに注いでください」

 

阪神一筋18年間、日本一を目指し右腕を振ってきた。多くの虎ファンの声に後押しをされながら、信条とする真っすぐ勝負を貫いた。その真っすぐが投げられなくなった今、福原忍は、縦ジマのユニフォームを脱ぐ決意をした。
取材・構成=椎屋博幸、写真=佐藤真一、BBM


真っすぐが通じない……


こんなはずではない、何度も自問自答した。高校の先輩でもある金本知憲新監督を支え、胴上げする。投手主将にも任命されるなど、強い気持ちで臨んだ2016年シーズンだった。しかし、マウンドに上がると生命線だった真っすぐがことごとく打たれるようになり……。


 引退してから1カ月が経過しました。現在は、これまで家族にしてやれなかったことを優先的にやっている感じです。旅行の計画を立てたり、息子の野球の練習に付き合い、ノックを打ったりしていますね(笑)。でも、毎年オフに入った直後はいつもこのような感じなので、まだ引退したんだな、という感覚は実はあまりないんです。今季4月に降格した後、ファームでも結果が残せなくなって、いろいろと考えるようになりました。まずは8月の終わりくらいに「引退」のことを考えるようになり、9月初めに決断しました。

 でも、この現状を跳ね返してやろうという思いは常にありました。それでも結果が出なくて……1アウトも取れずに降板する試合が何試合も続きました。そこから「引退」の文字が浮かんできたんです。さらにもう一つの理由として、調子のいい時期がすごく短くなった。調子が上がってきたなあ、と思ったら、すぐに打たれ出すという感じ。そこから「何で空振りが取れへんのやろ?」となっていきましたね。空振りを取りにいった真っすぐをホームランされたり、ファウルを狙った真っすぐをヒットにされたり……守備がエラーした走者を踏ん張れずに簡単にホームにかえしてしまったり……。このときは、本当に考え込んでしまいましたね。

 その中で、決定的だったのは8月27日の鳴尾浜での広島戦の投球でした。このとき、エラーやヒットで走者が埋まった後、投げた真っすぐを、ものの見事にホームランされたんです(8回、岩本貴裕3ラン)。「オレの真っすぐはアカンのかなあ」と思いました。それまでのその真っすぐは空振り、もしくはファウルでカウントを整えられるというボールだったので……。それが、本当に見事に打たれた。そこまでも、ずっと僕の中でモヤモヤしたものがあって、このホームランにつながった。もう戦力になれないんだな、という感覚がもどかしくて……ここが辞め時なんだろうなあって・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

惜別球人

惜しまれながらユニフォームを脱いだ選手へのインタビュー。入団から引退までの軌跡をたどる。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング