週刊ベースボールONLINE

2019ドラフト指名選手クローズアップ

西武8位・岸潤一郎(四国IL/徳島・外野手) 独立リーグから夢を手にしたかつての甲子園ヒーロー

 

NPBドラフトにおける最終74番目でコールされた。甲子園には4回出場し、高校日本代表にも名を連ねたが、大学を中退。プレーする場を独立リーグに求め、徳島で2年間を過ごし、吉報が届いた。
取材・文・写真=高田博史

10月25日、西武潮崎哲也編成グループディレクター[左]から指名あいさつを受けて笑顔。辻監督からの直筆サインも届き、プロからの指名を実感した


 10月15日、ドラフト会議2日前。

 独立リーグ日本一を達成し、炭酸水をかけ合う『スパークリング・ファイト』で頭からずぶ濡れになった。着替え終えて、岸潤一郎がポツリとつぶやく。

「この1年、楽しかったっスよ。マジで」

 チームメートからの「うまくなったな」という声が、本当にうれしい。つかみ取った“信頼”と、達成感がある。

 2018年1月31日、徳島インディゴソックスの新入団選手発表会見に、かつて甲子園で大活躍した明徳義塾高のエース・岸がいた。右ヒジの手術の後、大学を中退。規定により、2シーズンを経ないと、ドラフト対象にはならない。つまり、19年秋の指名を目指すことになる。

 右ヒジの経過を見ながら、前期は一塁手として34試合に出場した。打率.195、盗塁数はトップの「19」(前期終了時)。後に「38」まで数字を伸ばし、盗塁王に輝く。この年に新任となった橋本球史コーチ(元徳島)が述懐する。

「来た時点でポテンシャルは間違いなかった。足はホントに速かったので。でも、実は、彼の人間性にもびっくりしたんです。『あるある』なんですけど、センスあるヤツって練習やらないというか……。それがもったいなくて、とにかく」

 それはリーグ中断期間の6月、全体練習中のことだった。岸がふらっといなくなった。帰ってきたところをつかまえ、メンバー全員が見ている前で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

ドラフト指名選手クローズアップ

ドラフト指名選手クローズアップ

ドラフトで見事に指名を勝ち取った選手たちに焦点を当てる短期集中連載。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング