週刊ベースボールONLINE

2021ドラフト候補クローズアップ スカウト熱視線のプロ注目プレーヤー

井奥勘太(天理大・投手)高みをどん欲に見据える145キロサウスポー

 

好きな投手はかつて「優勝請負人」と言われたNPB通算224勝左腕・工藤公康(現ソフトバンク監督)だ。172cmの身長を感じさせないほど、マウンドでは大きく見える。打者を圧倒するスタイルを目指す。
取材・文=服部健太郎 写真=佐藤真一

天理大は19年に捕手の石原、20年に左腕・森浦がプロ入り。プロ野球は身近な世界になっている


「『オレはプロになる!』。子どものころから周りにはずっと、そう言ってきました。時には『おまえがなれるかい』などと言われたりもしましたが、強い思いは、口に出さないと何も始まらないと思い、公言し続けていました。プロへの思いは強いほうだと思います」

 天理大をけん引する好左腕・井奥勘太は、きっぱりとした口調でそう語った。

 2019年は2学年上の捕手・石原貴規、昨年は1学年上の左腕・森浦大輔がともに広島からドラフト指名を受けた。天理大で一緒にプレーした先輩が2年連続でプロ入りを果たしたことで、目標の世界との距離はよりリアルに感じ取れるようになった。「プロの物差しができたことで『正しく頑張れば、自分も届く』と思えるようになりました」。理想とする投手像は、工藤公康(現・ソフトバンク監督)だ。

「流れるような投球フォームに魅せられました。滑らかなイメージを自分の体に刷り込ませる意識で、いつも現役時代の映像を動画サイトで見ています」

 兵庫県神戸市出身の井奥が野球を始めたのは幼稚園年長時。地元の軟式少年野球チーム・鵯台ライオンズに入団し、野球の虜(とりこ)となった。エースを任された6年時から、本格的な投手人生が始まった。

 桃山台中では、ヤングリーグに属する硬式クラブチームでのプレーを経て、中学3年から元阪神の名内野手・鎌田実氏(19年死去)が立ち上げ、監督を務めた「KBAカマタベースボールアカデミー」に所属した。井奥は「鎌田監督にカーブを褒められたことが忘れられない」と笑顔で振り返った。「鎌田監督は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

逸材発掘!ドラフト候補リサーチ

プロを目指す逸材を発掘し、その横顔とプレースタイルを紹介する読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング