週刊ベースボールONLINE

野球浪漫2018

巨人・陽岱鋼 勝負師の野球人生の続き 「これが僕の野球人生。人と勝負するのが好きだし、勝負しないと成長につながらない」

 

さらに上のステージを目指し、2016年オフにプロ野球生活の礎を築いた北海道を離れ、伝統ある球団へ移籍する道を選んだ。巨人移籍後の2シーズン、ここまで自らが思い描いた活躍は見せられていない。それでも、陽岱鋼は前を向く。どんな試練に立たされても、31歳の挑戦者の胸に沸き立つ闘志の火が消えることはない。
文=西村海(読売新聞東京本社運動部) 写真=井田新輔、BBM


あこがれは松井稼頭央


 最近沈みがちだった陽岱鋼が、久しぶりに人懐っこい笑顔を見せた。9月17日の中日戦(東京ドーム)。8回に代打で打席に立つと、祖父江大輔の甘く入ったスライダーを振り抜いた打球はぐんぐんと伸び、バックスクリーン左へ飛び込んだ。今季10本目のアーチは通算100号本塁打だった。ゆっくりとダイヤモンドを回ると、目の前で十字を切り、両手を天に掲げるおなじみのポーズでホームを踏んだ。

「ホームランバッターじゃないから意識したことはないけど、自分にとって素晴らしい記録。自分自身を褒めてあげたいですね」。そう言ってはにかみ、続けた。

「最近打席に立てていない中、いつもどおり準備を続けてきました。チャンスをいただいて、結果を出さなければいけないと思っていました」。責任感の強い男の心には、メモリアルアーチのうれしさより、チームに貢献できていない悔しさが上回っていた。

 巨人は昨季、広島に200得点の差をつけられたため、今春のキャンプでは攻撃陣にハードなメニューが課せられた。7〜8カ所のティー打撃を各12〜15分ずつ、約2時間ぶっ続けでバットを振り続ける。苦しさに思わず声を上げる若手に混じって、陽の姿もあった。マメがつぶれて皮のむけた手を見ながら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

野球浪漫

苦悩しながらもプロ野球選手としてファンの期待に応え、ひたむきにプレーする選手に焦点を当てた読み物。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング