週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「外国人の補強は難しいな。確実なのは日本球界からの移籍。阪神は昨オフから調査していたソラーテを獲得したがどうか?」

 

両打ちのソラーテを獲得した阪神。昨年オフから調査していたらしいが、さて反撃の起爆剤になるか!?/写真=Getty Images


日本を経験した外国人を獲得するのも一つの手やな


 セ・リーグはまさに巨人の“1強”状態。2位以下を大きく引き離し「独走」の様相よ。この巨人の打線、目を引くのが“六番打者”の存在。ここに新外国人選手のビヤヌエバが座る。四番候補、クリーンアップをと期待されたが、当初は思惑外れ。元本塁打王のゲレーロがいて、先発を外れることが多かったけど、今や堂々の六番打者よ。

 守備もいい。三塁手として十分なディフェンス力を示し、バッティングも意外性を大いに発揮。ホンマ、いい働きを見せている。何も外国人打者=四番バッターではない。ビヤヌエバのように六番で、勝負強さを見せてくれるほど、チームにとっても頼もしいものはない。そういう打線を組めるのが巨人の強み。オレはそう見ている。

 やっぱり外国人選手への依存度は相変わらず高い。打者、投手ともにそうで、現在、苦しんでいる阪神は典型的な例となる。セットアッパーのジョンソンがいなかったら、と考えるとゾッとする。しかし打線は逆よ。虎打線の得点力不足の象徴といえるのが外国人打者の力不足やろな。マルテは打率的にはソコソコやけど、やっぱりホームランが少な過ぎる。外国人打者=本塁打。この期待値からいくと、ほど遠い数字と言わざるを得ない。

 阪神の外国人と言えば……やっぱり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング