週刊ベースボールONLINE

岡田彰布コラム

岡田彰布コラム「勝ち方を知っている立浪新監督 現時点でチームを変えられると思う。一方、阪神はCSファースト敗退 2021年は不完全燃焼で終わったよ」

 

立浪新監督は、勝つことを知っている指揮官だけにチームを強くしていくとは思うが、その前に外国人の補強で大砲を獲りたいよな[写真=石井愛子、BBM]


野球を勉強している新監督


 さあクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージが始まった。そこで見た新時代突入の光景。セ・リーグがヤクルトの奥川(奥川恭伸)、パ・リーグはオリックスの山本(山本由伸)。2人の若者がいきなりやってくれた。ともに完封勝利を飾り、歴史に名を刻んだ。

 キャリアより勢いか。大役にも臆せず、自分の持つ力をすべて出し切った圧巻のピッチングに、球界新時代の到来を感じた。

 でも今週号では、まず他球団の新体制について書いていく。「中日を特集します。新監督でチームは変わりますか?」。担当のS君から連絡があった。オレのアンサーは「YES!」。あくまで現時点での見方だが、来季のセ・リーグ最注目チームは中日。これは間違いない。

 立浪(立浪和義)新監督とは年齢が大きく離れているけど、オレが現役時代、同じスポーツメーカーのアドバイザーだったという縁がある。オフにそのメーカーのイベントで会い、話をすることがあった。印象といえば、いわゆる実戦派という感じ。彼のプレースタイル同様に、野球のことを勉強しているな……と思った。

 今回の監督就任。中日にとっては巻き返しへの切り札投入といったところやろな。2004年から5年間、常にしのぎを削った中日には、強いという印象しか残っていない。立浪監督がどう立て直し、強い中日をよみがえらせるか。興味は尽きない。

 現役時代、内野手だったから、難しいとされる投手の交代機も、キッチリと判断できると思う。守っていて、投手の変化は伝わってくるし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

岡田彰布のそらそうよ

選手・監督してプロ野球で大きな輝きを放った岡田彰布の連載コラム。岡田節がプロ野球界に炸裂。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング