週刊ベースボールONLINE

ファーム選手クローズアップ

阪神・板山祐太郎 つかんだ新打撃フォームで

 

今回は特別編。入団早々に打撃フォーム改造を行い、自分のモノになった瞬間に、二軍を飛び越え、一軍抜てきとなった板山祐太郎。現在は一軍でスタメンをつかむなど、ステップアップし続けている。


 転機は4月9日の試合だった。ウエスタン中日戦(ナゴヤ)での代打で、オープン戦以降、取り組んできた打撃フォームが、自分のモノになった感覚をつかんだ。試合後に行われる素振り練習でも、選手の誰よりも最後まで振り続けた板山は、掛布雅之二軍監督に自ら近づき、この日つかんだスイングを見てもらい、合格点をもらった。

「中フライでしたが、ああ、この感覚だなあ、と。言葉で表すとスイングがバアッ〜〜といく感じなんです。ミートポイントが点ではなく、線というイメージがつかめました」

 アマチュア時代には点で打つ打撃を追求してきた。しかし、一軍のオープン戦を経験し、二軍に戻っていたときに掛布二軍監督からある指摘を受けた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング