週刊ベースボールONLINE

ファームから羽ばたけ!New Generations

DeNA・勝又温史 一軍デビュー間近な剛腕

 

未完成で粗削りな原石ではあるが、その素質は将来のベイスターズで光り輝く可能性を感じさせてくれる。19歳ながら投げ込むボールは一級品。一軍のマウンドで躍動する姿を早く見てみたい。
写真=BBM

投手/1年目/19歳


「ハマの剛腕」の一軍デビューはそう遠くはないかもしれない。東京・日大鶴ケ丘高からドラフト4位でDeNAに入団した勝又温史は、最速152キロの速球が魅力の将来のエース候補だ。1月の新人合同自主トレーニングで球団関係者を驚かせたキャッチボールは、肩の高さで放ったボールが重力を忘れたかのようにどこまでも伸びていく。そのインパクトは1位入団で開幕から先発ローテーションを守っている上茶谷大河をも上回り、視察した一軍首脳陣の脳裏に強烈なイメージを残した。

 その証拠に、ラミレス監督は2月の沖縄・宜野湾キャンプでの練習試合に一度、二軍から勝又を呼び寄せている。一昨年の京山将弥、昨年の阪口皓亮と高卒ルーキーは1年間、頑としてファームで経験を積ませてきた球団では異例の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング