週刊ベースボールONLINE

ファームから羽ばたけ!New Generations

ヤクルト・松本友 パンチ力生かして支配下へ

 

右ヒジ手術で出遅れるも、スタートラインには立った。持ち前のパンチ力は二軍首脳陣も認めるところだ。育成入団1年目ながら、その存在感は増している。

内野手/育成1年目/24歳


 いつの日か、燕のクリーンアップに座る日を夢見て──。プロ1年目の育成・松本友が必死に汗を流している。「育成なので、一打席一打席が勝負。走者がいる場面では、目立つような活躍ができるようにと思っています。走者がいるときほど、打ってやろうと。必死の思いでやっています」と勝負強い打撃を目指し、日々励んでいる。

 東福岡高から明治学院大に進み、独立リーグ、BCリーグの福井から育成2位で入団。プロでの飛躍を目指したが、今春のキャンプ後、もともと痛めていた右ヒジの手術を受けた。ルーキーで育成選手の24歳。周りに負けたくない思いから、「できるだけ手術はしたくなかった」と決断できなかった。だが、「中途半端で戦える状況ではなかったので、しっかり治してから勝負しよう」と覚悟を決めた。

 その後は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング