週刊ベースボールONLINE

ファームから羽ばたけ!New Generations

広島・中神拓都 送球を改善。次は打撃だ

 

ドラフト4位での入団だが、打撃のパンチ力、スピード、そして強肩を兼ね備え、将来を嘱望されるプレーヤーだ。現在はサードあるいはショートとして、着々と経験を積み、技術を磨いている。
写真=佐藤真一

内野手/1年目/19歳


 ポテンシャルの塊だ。50メートル5秒9の俊足、高校通算46本塁打の長打力、その上、市岐阜商高ではMAX146キロの快速球で名を馳せたのだから、スカウトが将来性に注目するのに何の不思議もない。さらに、中神拓都にはもうひとつの才能があった。ひたむきに努力する才能である。コーチのアドバイスに真摯(しんし)に耳を傾け、居残りで黙々と練習することも日常の光景だ。

「今は一つひとつ体の使い方を教えてもらっています。下半身の大事さが分かりました」。その重要性を痛感する19歳は、コーチの指導に目を輝かせる。「守備では送球です。自分では肩が強いと思っていましたが、それだけでは通用しません。春季キャンプ中に、肩に違和感が出たのですが、これは上半身ばかりに頼って投げていたからです。プロは練習量も多いし、シーズンも長い。そこでやるためには、下半身を使ったスローイングが大事だと痛感しました」。玉木朋孝内野守備・走塁コーチの助言もあり、スクワットでの下半身強化に力を入れると、送球も安定するようになった。それが、打撃にも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング