週刊ベースボールONLINE

輝け!ファームの星

ロッテ・高部瑛斗 次代のリードオフマン

 

“足”で魅せるのは一軍で躍動する和田康士朗ばかりではない。今季のドラ3ルーキーも50m走5秒8の快足を武器に、次代の一番打者候補として腕を磨いている。
文=岩下雄太 写真=BBM

外野手/1年目/23歳


 昨年12月に行われた新入団会見で、ドラフト3位ルーキーの決意は力強かった。「アピールポイントは走力です。足からどんどんプレーの幅を広げていって、いろんなプレーにつなげていけるようにやっていきたいと思います」。
 
 50m走を5秒8で走る俊足の持ち主は、いきなり武器を見せつける。「自分がどれぐらい走れるのかなと思って走って、ちょっと上にいけたのでそこはよかったと思います」と、新人合同自主トレでは、12分間走、20m走、YO―YOテストなどの種目で、7人の新人の中でトップの数字を叩き出した。

 チームメートで現在、パ・リーグトップの盗塁数を誇る和田康士朗、二軍で盗塁トップ争いを繰り広げる藤原恭大に劣らぬスピードを持つ。9月13日時点で、イースタン12盗塁はリーグ2位だ。

 魅力は“足”だけではない。打っても・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

輝け!未来のスターたち

1軍での活躍を目標に2軍で力を蓄える若手選手を紹介する連載企画。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング