週刊ベースボールONLINE

デーブ大久保 さあ、話しましょう!

デーブ大久保コラム「ロッテ18歳の松川はベテランの貫録 日本の審判団のレベルは低くないです」

 

絶対に18歳と思えない度胸を持った松川捕手はスゴイですね。あの場面を誰よりも冷静に見ていました。末恐ろしいですねえ[写真=井田新輔]


 先週の話になりますが、18歳の捕手が株を上げましたねえ。4月24日のオリックスロッテ戦(京セラドーム)の2回に白井(一行)球審のジャッジにロッテ先発の佐々木朗希が不満な? 態度を示したことに、白井球審がマウンドに目を見開きながら(もともと目が大きい球審ですが……)詰め寄りました。

 このとき仲裁に入ったのが、ロッテの捕手、松川(松川虎生)でした。どっちの顔も立てるような態度で、その場をうまく立ち回りました。たぶん、彼は年齢を偽っていますね(笑)。あんなことベテラン捕手でもできないですよ。本来なら投手と一緒に判定に不満を言いそうなもんですが、冷静に慌てることもなくなだめました。

 私の捕手の経験から言いますと、走者が盗塁を試み、捕手が二塁送球をした場合、投手の投げたボールがコースギリギリに来ると、ほぼボールになる感覚です。というのも、判定を下すときには、そのボールはすでに二塁に送球されているので、判断がしにくい状況なのです。

 あのときのボールだけを見るとストライクに見えるかもしれませんが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

デーブ大久保の「さあ、話しましょう!」

元楽天監督、現解説者の「デーブ」こと大久保博元氏の連載コラム。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング