週刊ベースボールONLINE

立浪和義のコラム

立浪和義コラム「波が少ない吉田正尚選手の凄み」

 

2年連続首位打者を狙う吉田


打球角度のセンス


 昨季、パ・リーグの首位打者となったオリックス吉田正尚選手が今季も打率トップを走っています。しかも昨季が.350、今季は8月後半になって少し落ちていますが、それでも.335といずれも2位以下に頭1つの差をつけています。今季は99試合で20本塁打ですからホームランも2019年の29本を抜いてキャリアハイになる可能性が高くなっています(成績は8月30日現在)。現在の12球団でもっとも安定しているバッターと言っていいでしょう。

 吉田選手は16年の入団で、身長173cmと上背はありませんが、ユニフォーム越しでも分かるほど体を鍛え上げ、スイングスピードにはもともと素晴らしいものがありました。もちろん、力だけではなく、技術的にも当時から高いレベルにあり、フルスイングしながらミート力にも優れていました。あとは長距離打者に必要な打球に角度をつけるセンスがあり、ボールのどこをとらえたら飛ぶのか感覚的に分かっているんだろうなと思って見ていました。

 ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

立浪和義

 これから毎週、そのときどきで気になった選手や試合、さらに、私が感じたポイントについて書いていきたいと思います。野球をより深く知りたいという方、また、もっともっと野球がうまくなりたいという中学、高校生のみなさんにも参考になる連載になればと思っています。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング