週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

楽天・石井GMはなぜ経験の少ない人材を首脳陣に集めたのか?

 

来季に向け、チーム作りを進める楽天・石井GM


 週刊ベースボールで楽天の石井一久新GMにインタビューを行った。オフの補強と育成との関係や石井GMが見据えるチーム像について存分に語ってくれた。その中で新たな考えを示したのがコーチ人事に関して、だ。

「経験がない」という言葉は自身がGM就任時にも耳にしているが、平石洋介監督、三木肇二軍監督は初めての監督業。さらに、今季引退した小谷野栄一氏を一軍打撃コーチ、後藤武敏氏を二軍打撃コーチとして招へいしたことで、その声はさらに大きくなった。

 だが、そんな周囲の不安を一蹴した。

「基本、やることに対して文句から入るという人たちが多い中で、経験がない人が多いんじゃないかという話をしたりする人もいるじゃないですか。でも初めてがないと始まらないし、名監督を呼んできて勝てるような甘い世界じゃないので。そこはすごい経験がある人が無難だから呼ぶだけだと思うんですよね(笑)」

 平石監督に対しても「僕は名監督にない部分があると思っている」と話し、楽天の監督として適任だと力説する。

「楽天の中でずっと育ってきて、勝っているときも負けているときも見ているので、どうやったらこのチームは勝てるのか、どうやったら負けていっちゃうんだろうっていうのが分かっていると思います。楽天を把握している選手であって、コーチであって、ヘッドコーチであって、代行になって監督で、そうやって長くしっかりと歴史を見ているので。楽天のだらしなさも分かっているし、ストロングポイントも分かっている。楽天のいいところと悪いところが分からない人が来たって、そこからのスタートになってしまいますから」

 そして小谷野コーチ、後藤コーチに関しても「今のピッチャーの球を生で見てきている」ことを高く評価した。「コーチをずっとやっている人たちの経験とはまた違う助言をできる」と、“今”の野球へのアプローチが一番分かる人という観点で選任しているのだ。

 来季のAクラス入りはもちろん、今後、いかにしてチームが強くなっていくかを考えてアクションを起こしている石井GM。その並々ならぬ決意を聞き、ここからチームはどのように進化していくのかがより楽しみになった。

文=阿部ちはる 写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング