週刊ベースボールONLINE

球界デキゴトロジー/3月10日

仰木マジック炸裂!? スタメン全員が新人&移籍の新入団選手(1994年3月10日)

 

94年、阪神からオリックスの一員となった岡田


 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1994年3月10日だ。

 この年からオリックスの指揮官となった仰木彬監督がオープン戦で早くも“マジック”を炸裂させた。日本ハム戦は地元・神戸での今季初ゲームということで、スタメン10人全員を新人、移籍の新入団選手でそろえる“顔見せオーダー”を組んだ。おまけに始球式ではマウンドに山田久志コーチを送って、打席には日本ハム・大沢啓二監督を立たせる演出。勝負を度外視したファンサービスの極みを披露してくれた。

 この一戦でヒーローとなったのは4月に仰木監督の発案でパンチ佐藤に登録名を変更することになる佐藤和弘。9回裏、一死一、三塁で野球人生初となる逆転サヨナラ打を放ってみせた。

 仰木監督の“マジック”は続く。10日から12日の神戸での試合の入場者に投票してもらい、スタメンを決定させたのが13日のヤクルト戦。三番に得票数1位の佐藤和、四番に同2位の岡田彰布を据えたブルーサンダー打線が爆発。佐藤和2安打、岡田もヒットを飛ばして9対3と圧勝した。

 10日の試合はわずか2000人しか集まらなかったスタンドも13日には1万6000人と地元の関心の高さを示す数字。ファンに見てもらってナンボのプロの世界だけに、仰木監督以下の“企業努力”は何とか実を結んだ。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング