週刊ベースボールONLINE

平成プロ野球史

セは中日、パはソフトバンクが優勝も日本一は下克上のロッテ/平成プロ野球史(22年/2010年編)

 

 新元号「令和」が発表され、平成の時代が終わった。
 今回は、シリーズで平成元年の1989年から2018年まで、年度別にMVP、ベストナインを選んでいる。
 この手の企画では、いつも書いているのだが、あくまで編集部選定。異論反論は多いと思うが、ご容赦いただきたい。
 なお、当連載は土日は休み(ほか時々休憩)。

ロッテがリーグ3位からの日本一


胴上げされる西村監督



2010年(平成22年)
セ(1中日阪神巨人ヤクルト広島6横浜)
パ(1ソフトバンク西武ロッテ日本ハムオリックス楽天
※日本一はロッテ

 中日は前半こそ苦戦したが、盤石の投手陣で浮上。独走と思われた巨人、さらにチーム打率.290と打ちまくった阪神を追い抜き、優勝。9月15勝6敗1分けのラストスパートも鮮やかだった。
 
 パは西武がケガ人続出の中で優勝に迫ったが、最後の大逆転でソフトバンクが優勝。17勝の和田毅、16勝の杉内俊哉と左腕エースが原動力となった。

 しかしながら最後の主役の座をさらったのが、西村徳文監督率いる3位のロッテ。
 CSファーストステージでは、いずれも延長戦で西武を撃破。その勢いのままファイナルステージではソフトバンクを4勝3敗(1勝はソフトバンクのアドバンテージ)で日本シリーズへ。
 
 ここでも中日相手に延長戦3試合の死闘を制し、ついに頂点に。下克上の日本一を達成した。

MVPは中日の浅尾拓也


チーム防御率3.29の投手陣の軸に



2010年(平成22年)
本誌選定MVP
浅尾拓也(中日) 驚異の安定感

 中継ぎで72試合に投げ12勝3敗、ホールドは史上最多の47、ホールドポイントは59、防御率1.68。盤石の竜投手陣の要となった男だ。
 
ベストナイン
[先発投手]
前田健太(広島)      
29試合15勝8敗0S、防御率2.21
圧巻の安定感で最多勝、最優秀防御率、沢村賞に。登板回も200を超えている

[抑え投手]
馬原孝浩(ソフトバンク)  
53試合5勝2敗32S、防御率1.63
SBMトリオの締めとしてセーブを重ね優勝に貢献

[捕手]
阿部慎之助(巨人)    
140試合140安打44本塁打92打点0盗塁、打率.281
打率は今一つだったが、捕手として40本以上は史上3人目

[一塁手]
ブラゼル(阪神)    
143試合167安打47本塁打117打点1盗塁、打率.296
本塁打、打点ともリーグ2位。ブラダンスも話題に

[二塁手]
平野恵一(阪神)    
139試合172安打1本塁打24打点6盗塁、打率.350
守備の人が打ちまくったシーズン。59犠打も光る

[三塁手]
森野将彦(中日)   
144試合179安打22本塁打84打点2盗塁、打率.327  
2年連続試合出場を果たし、キャリアハイの打撃成績

[遊撃手]
西岡剛(ロッテ)      
144試合206安打11本塁打59打点22盗塁、打率.346
200安打超え果たして首位打者に。下克上の立役者の一人

[外野手]
マートン(阪神)  
144試合214安打17本塁打91打点5盗塁、打率.349
史上最多安打記録を塗り替え214安打をマーク

和田一浩(中日)      
144試合171安打37本塁打93打点5盗塁、打率.339
勝負強い打撃で優勝に貢献しMVPに

青木宣親(ヤクルト)  
144試合209安打14本塁打63打点19盗塁、打率.358
2度目の200安打超えで首位打者に

[指名打者]
福浦和也(ロッテ) 
116試合95安打13本塁打61打点0盗塁、打率.295
相変わらずの存在感で貢献したベテラン。代打打率も高かった

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング