週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

パ・リーグ6球団 外国人選手事情は?

 

チームに欠かせない外国人選手。その働きぶりがチーム成績に直結するが、今オフにも各球団は新外国人選手をしっかりと獲得している。果たして、外国人選手の現状は? パ・リーグ各球団を見ていこう。
※12月16日現在

オリックス・バファローズ



 3年契約最終年となるロメロ外野手が条件面で折り合いつかずに退団となり、マレーロ内野手とも来季は契約を結ばず。今季途中に中日からトレードで獲得したモヤ外野手は残留する中で、新たにメジャー通算282本塁打を誇るアダム・ジョーンズ外野手(前ダイヤモンドバックス)を獲得した。2013年にはシルバースラッガーを獲得、守っても4度のゴールドグラブ賞、2017年のWBCでは二番・中堅としてアメリカの世界一に貢献したバリバリのメジャー・リーガーが加入。さらにマイナー通算174本塁打の内野手・ロドリゲス(前パドレス3A)とも契約合意間近の模様だ。ディクソン、アルバースの2投手は残留する一方で、野手は新助っ人を招き入れて課題の得点力アップを図っていく。

埼玉西武ライオンズ


西武スパンジェンバーグ(写真=Getty Images)


 野手では2014年、本塁打王に輝いたメヒア内野手の残留が決まった。今季は主に代打起用で自己最少の75試合出場に終わり、自己ワーストの打率.211、6本塁打。4億円減となる推定年俸1億円となったが、その長打力はチームに欠かせない。新外国人野手ではコーリー・スパンジェンバーグ内野手(前ブリュワーズ)を獲得。内外野を守れるユーティリティー性が武器だ。投手ではマーティン、ヒース、郭俊麟がチームを去る(カスティーヨはシーズン途中解雇)。契約延長したのは今季、11連勝をマークしたニールのみだ。新外国人投手ではショーン・ノリン投手(元ブルージェイズ)を獲得。メジャー通算5勝、防御率6.89だがチームに不足している先発左腕として期待がかかる。

福岡ソフトバンクホークス



 昨オフは全外国人選手が残留となったが、今オフはA.ミランダ、R.スアレスの2投手がチームを去った(なお、現時点で保留者名簿から外れているY.グラシアル内野手、A.デスパイネ外野手は残留の方向でキューバ政府と交渉中)。その代わりというわけではないが、12月16日に球団から、ヤクルトを自由契約になっていたウラディミール・バレンティン外野手の入団合意が発表された。リーグV奪回を誓うチームの仲間に加わった大砲は、喜びの声とともに「新しい環境で好きな野球ができることに幸せを感じています」とコメント。来季から外国人枠を外れることもあり、打線のバリエーションは増加。攻撃力アップは間違いない。

東北楽天ゴールデンイーグルス


楽天ブラッシュ(写真=BBM)


 投手では宋家豪ブセニッツ、野手ではウィーラー内野手、ブラッシュ外野手の残留が決まり、その顔ぶれに大きな変化はない。来日1年目から大活躍を見せたのがブラッシュだった。5月には1試合2本塁打、6打点をマークし、最大8点差の大逆転につなげる勝負強さを見せた。シーズン途中からは四番に座り、33本塁打、95打点でチーム2冠を手にし、主砲の役割を全うした。また、宋、ブセニッツのセットアッパーも安定感があり、引き続きチームに貢献してくれそうだ。

千葉ロッテマリーンズ


ロッテレアード(写真=BBM)


 楽天から美馬学、ソフトバンクから福田秀平と、球団初となるFA選手ダブル獲得に成功したが、助っ人戦略にも抜かりはない。今季、いずれもチームトップとなる32本塁打、89打点をマークしたレアード内野手とはシーズン中から交渉を進め、シーズン後に早々と2年契約を締結。途中加入ながら52試合で14本塁打とパンチ力を見せつけたマーティン外野手も1年契約での引き留めに成功した。若手の成長著しい先発陣ではボルシンガー投手との契約延長を見送る一方で、軸が定まらなかった中継ぎ陣には元広島でNPB通算92ホールドのジェイ・ジャクソン投手(前ブリュワーズ)を獲得。適格な外国人補強も、ロッテが“オフの勝ち組”と呼ばれる理由だ。

北海道日本ハムファイターズ


日本ハム王柏融(写真=BBM)


 今オフにハンコック投手、バーベイト投手を解雇し、代わりにMLB通算10勝右腕のドリュー・バーヘイゲン投手(前タイガース)、さらに巨人を自由契約となったクリスチャン・ビヤヌエバ内野手を獲得した。現状でマルティネス投手、ロドリゲス投手、王柏融外野手と外国人選手は5人となり、キャンプから熾烈な一軍争いが始まる。中でも奮起が待たれるのが王。引退した田中賢介の背番号3を受け継ぎ、来日2年目のシーズンに挑む。1年目は度重なるコンディション不良と不振に終わった台湾の至宝。4年ぶりの覇権奪回に向けて「大王」がファイターズ打線の大きなキーマンになりそうだ。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング