週刊ベースボールONLINE

編集部員コラム「Every Day BASEBALL」

山本由伸から前佑囲斗へ。43がオリックスの出世番号となるか

 

山本由伸の43を受け継いだ前佑囲斗(左)と新背番号『18』を背負う山本(右)


背番号は選手の顔となる。だからこそ、選手の思い入れも強い。

 オリックス・山本由伸が、今季から球界のエースナンバー『18』を着ける。その決意は週刊ベースボール2月10日号の『背番号特集』で、かつて『オリックスの背番号18』を着け、山本を担当スカウトとして獲得した山口和男氏との対談で語っていただいた。だが、前番号を忘れるわけではない。誌面スペースの都合上、掲載できなかった昨季までの背番号『43』へのエピソードが下記だ。


◇ ◇ ◇ ◇

──ドラフト4位ルーキーの前佑囲斗投手の背番号『43』は、山本投手の影響もあるのでしょうか。

山口 すごくあります。由伸が43を着けて結果を出してくれました。43=山本由伸が浸透したわけです。その中で、由伸と同じドラフト4巡目指名の高卒投手と共通点もありましたから。前君にも背番号を伝えたときに、すごく喜んでくれたんです。そもそも、前君を見に行ったときに感じるものがあったんですよ。由伸と通じるもの。うまく表現できないですけど、由伸くらい活躍できると感じるものがあったんです。

山本 そうなんですか。僕も前君のことは気になりますね。僕は背番号43で少し活躍できたので、前君が43で活躍してくれれば,背番号の価値も上がるし、出世番号にもなる。いい番号にしてほしいなと思います。

◇ ◇ ◇ ◇

 1年目の今春キャンプは二軍と育成方針の前は「オリックスの大エースの山本さんが着けていた番号を絶対に汚さないように、オリックスのエースと呼ばれるような投手になりたい」と決意を胸にプロ野球人生をスタート。最速152キロの直球に、スライダー、フォーク、ツーシームなど多彩な変化球を操る右腕は、近い将来にブレークし、昨季12球団唯一の防御率1点台でタイトルを獲得した山本に続くことができるのか。出世番号が確立となれば、若手投手が続々と芽を出しているチームの勢いは加速する。背番号43にも注目だ。

写真=BBM

関連情報

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング