週刊ベースボールONLINE

週べ60周年記念

金田正泰が阪神にヘッドコーチとして復帰/週べ回顧1971年編

 

 一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

村山よ、来年は200イニングを!


村山の71年は7勝5敗だった


 今回は『1971年11月15日号』。定価は90円。

 このオフ、コーチの復帰組が増えていた(まだ正式ではないものも多いが)。大洋・青田昇(評論家から)、中日近藤貞雄ロッテコーチから)などが代表的な顔ぶれだが、そのうち、阪神のヘッドコーチには金田正泰が就いた。
「まさかもう一度タイガースのユニフォームを着ようとは思わなかった。若い村山(実)監督を助けて猛虎を復活させたい」
 金田は60年に阪神監督となり、61年途中退任している。監督の時期は村山実吉田義男ら個性派選手の扱いにずいぶん苦労したようだ。
 村山監督も、
「金田さんが監督時代、私はわがままをしたが、それはそれとしてタイガースを強くすることに変わりはない。金田さんも気が強いし、私もまた強気。この強気で来季こそと話している」

 これは“投手村山ファン”でもあった阪神の野田オーナーが、71年、村山の登板が19試合と少なかったことを問題視し、「来年は少なくとも200イニングは投げなさい」と厳命。重鎮のヘッドコーチが必要となって白羽の矢が立ったものだ。
 金田の阪神愛は強烈であり、雑談の中で阪神の悪口が出ると顔を真っ赤にして反論したという。一部で仲が不安視された金田と村山だが、ともに元監督の藤本定義への反発組と言われていた。

 そういえば、本誌の連載「キャッチャーはつらいよ」の辻恭彦さんが、この年全試合出場。2リーグ制後、捕手で全試合出場は10人目でセでは初。最多は、これも本誌で長く連載いただいた南海の野村克也さんで5回。うち63年は150試合制で全回出場も果たしている。これはすごい。

 巨人では湯口敏彦が体調を狂わせ、10キロ近く体重が減ったという。周囲は「恋煩いでは」と呑気な話をしていたようだが、その先を知るだけに心配だ。

 では、また月曜に。
 きょう土曜なのを忘れており、原稿を書いてしまったのでアップします。

<次回に続く>

写真=BBM

関連情報

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング