週刊ベースボールONLINE

川口和久WEBコラム

宮國椋丞、支配下おめでとう。これからはインコースも攻める大人のピッチングをしろよ/川口和久WEBコラム

 

インコースに投げられなかった若手時代


巨人時代の宮國


 育成で入団していた宮國椋丞DeNAの支配下契約となった。

 彼は2011年、俺の巨人コーチ1年目と同じ入団で、荒削りだったが、長身で柔らかいフォームをしていたし、将来楽しみな投手だと思っていた。

 以前も書いたことがあるが、この年の秋季キャンプで見て、「来年は先発候補。彼が投手陣を助けてくれるかもしれない」と話して記事になったこともある。

 12年は開幕から一軍に入り、右肩の故障もあったけど、6勝を挙げている。ただ、あの年、チームのスタートは最悪だった。2連敗から始まり、1つ勝った後、今度は5連敗だ。

 このとき1勝7敗で迎えた甲子園の阪神戦で、宮國がプロ初登板初先発で勝利投手となった。間違いなく、あそこからチームに勢いがついた。

 結果的には交流戦、リーグ優勝、CS制覇、日本一、アジア王者とジャイアンツが5冠の年で、のち原監督も「あの12年の優勝は宮國がいなかったらなかった」と話している。

 その後、先発から中継ぎに回った時期もあったが、右肩痛もあって20年はパッとせず、そのまま戦力外になった。

 彼は真っすぐに角度と球威があってスライダーもいい。スケールの大きな選手だったが、一つ欠点があった。優し過ぎることだ。

 どうしてもインコースを思い切って突けず、外角メーンのピッチングでやられることが多かった。

 俺はコーチ時代、よくマウンドに行ってこう言っていた。

「インコースだ。もっともインコースにどんどん投げろ。それができれば最後はアウトコースのスライダーでもいいんだから」

 でも、あいつはいつも微妙な顔で、

「とりあえず投げてみます」

 みたいなことを言い、実際には投げ切れなかった。

 アウトコースが逃げで、インコースが攻めというわけではないが、内をしっかり投げ切れないと外も生きてこない。

 打者をのけぞらせるような球を投げろ、という意味ではない。しっかりインコースギリギリに投げ、ボール1個の出し入れで、詰まらせたり、ファウルを打たせたりし、そこから外を使う、あるいはインコースを投げ切って抑える。

 それが大人のピッチングだと思う。

 宮國、期待してるよ。

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング