週刊ベースボールONLINE

週べ60周年記念

開幕ダッシュの中日に某紙が嫌がらせ?/週べ回顧1973年編

 

 3年前に創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。バックナンバーを抜粋し、紹介する連載を進行中。いろいろあってしばらく休載しましたが、今後は時々掲載します。

与那嶺監督の不安




 今回は『1973年6月4日号』。定価は100円。
 
 5月18日現在、中日が14勝6敗、巨人が12勝14敗。中日は首位を快走し、巨人は5位だった。

 しかも、中日は対巨人に5勝1敗と勝ち越し。さぞや怪気炎と思うと、与那嶺要監督は、

「巨人は今悪くても最後には必ず出てくる」

 と警戒する。

 与那嶺監督は穏やかな印象にもかかわらず、実は熱き闘将だったが、ほぼ腹芸ができない“ジェントルマン”でもあった。地元記者によれば、

「喜びを素直に表現する。が逆に不安や心配、悩み事なども、そのまま表情に出し、口にもストレートに表してしまう」

 という。

 以下はやや分かりにくいが、この善人与那嶺を狙った謀略として紹介されたものだ。

 5月12日、あるスポーツ紙に「高木守道ヘルニアで入院」と大見出しが躍った。さらに小見出しは「再起まで1カ月以上」。これが再起まで1カ月は完全にデマで、実際には15日の阪神戦から復帰している。

 しかし、この記事にショックを受けたのが与那嶺監督。はたで見て気の毒なくらい心配していたという。

 記事では、これを「他球団の謀略」と書いていたが、高木本人か医師に聞けばいいだけでは、とも思ってしまう。

 ただ、次の件は明らかに匂う。この高木事件を報じた新聞が今度は、

「地元観客がそっぽ。小粒で目立つ商品がなく」

 と書いたのだ。確かに中日のスタートダッシュは猫の目ヒーローによってだったが、観客動員は前年よりアップ。いつも球場に一番乗りし、選手と一緒に体を動かす与那嶺のもとチームの結束も固まり、ファンも支持していた。

 記事では、最後まで、ある新聞としかなかったが、これはやっぱり、あそこだろうか。

 では、また。

<次回に続く>

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング