週刊ベースボールONLINE

週べ60周年記念

別当広島1カ月遅れの鯉のぼり/週べ回顧1973年編

 

 3年前に創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。バックナンバーを抜粋し、紹介する連載を時々掲載しています。

首位を快走するカープ


表紙は阪神江夏豊


 今回は『1973年6月25日号』。定価は100円。

 広島カープの球団事務所、渡辺事業課長がご機嫌だ。
「昨年は黒のマジックばかり減っちゃって。でも、今年は逆に赤いマジックばかりですわ。気持ちがいいってありゃしない(笑)」

 事務所の左側の壁にある白いボード。ここにチームが勝てば赤、負ければ黒で丸を書き込む。

 鯉のぼりの季節は終わったが、6月7日現在、広島は20勝14敗で首位。2位大洋とはゲーム差なしの4厘差だ。赤がどんどん減っていくのも分かる。

 成績だけではない。観客動員もすこぶる好調。ホームゲーム17試合(岡山除く)で観客動員23万9500人、前年は13万9000人だった。
 前年は根本陸夫監督が休養するまで23試合で6勝18敗1分。1試合平均8000人ほどだった。

 この年のカープの特徴はホームでの強さだ。これは別当薫監督の戦略でもある。

「地元で勝つことを重視している。そのためには、ロードでどんなに苦しくても地元の3連戦には絶対にエースを持ってくる」
 と言っていた。

 新監督だけあって、別当監督は盛んに動いた。不振の三番打者・衣笠祥雄を一番に入れたのもそう。途端に3安打猛打賞と結果を出した。

「トップを打つなんてプロで初めて。何より塁に出るのが先決なのでクリーンアップのときと大分違った」(衣笠)

 新外国人のヒックス、マクガイアもそれなりに好調。マクガイアはセカンド守備でも貢献していた。

 ただ、オープン戦では別当監督が球団OBではないこと、新しい選手を使いたがることがファンの反発を買い、負け試合では「別当退陣!」とヤジられていた。

 さらに追い打ちをかけたのが開幕5連敗。ベテランの山本一義国貞泰汎らを控えに回すことが多かったこともあり、市民球場は荒れに荒れた。

「ブルペンにいると試合にも出ていないのに引っ込め、と言われる。弁当箱や空き缶、ビール瓶まで飛んできた。相手のスタンドかと錯覚したよ」
 とあるベテラン投手。

 あまりのことに球場入口でファンに協力を求めるビラを配り、警官を増員。さらに山本一義ら主力選手にファンに協力を求めるメッセージをテープを吹き込ませ、いざというときは球場で流すことになっていた。

 それがこの快進撃で一変。日を追うごとに市民球場が盛り上がり、スタンドには「優勝」に二文字が入った旗も増えていた。

 では、また。

<次回に続く>

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング