週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

清宮幸太郎、安田尚憲、吉住晴斗…パ・リーグ6球団「2017年ドラフト1位指名」の現在地は?

 

今年は10月11日にドラフト会議が行われる。やはり最注目はドラフト1位になるが、果たして今から4年前に最上位で指名された選手はチームの戦力となっているのだろうか。2017年秋のドラフトで1位指名されたパ・リーグ6球団の選手の現状を見ていく。
記録は10月8日現在

北海道日本ハムファイターズ



 高校生最多タイの7球団が競合の末、日本ハムに入団した2017年ドラフト最大の目玉・清宮幸太郎(早実)は、プロ4年目のシーズン、いまだ一軍昇格がない。一軍試合出場なしは、プロ入り後初めてのことだ。高校通算111本塁打の実績を引っ提げて入団したスラッガーはケガにも泣かされ、3年間で21本塁打。ドラフト時の期待値とは大きくかけ離れた成績にもがき苦しんでいるが、今季は二軍の四番に座り続け、リーグ最多の106試合、450打席のチャンスをもらい、西武渡部健人と並ぶ19本塁打でイースタン本塁王を獲得。「獲りたい」と思っていたタイトルを手中にしたが、打率は2割以下と課題も残る。引退を表明した早実の先輩・斎藤佑樹の分まで、来季は意地でも一軍での活躍を誓う。

千葉ロッテマリーンズ



 第1回入札で清宮幸太郎(早実、現日本ハム)を外すも、安田尚憲を第2回入札で3球団競合の末に獲得。1年目の8月に一軍デビューを果たし、10月のU-23W杯で打率.393、1本塁打でMVPと一塁のベストナインに選出されるなど、大きな期待を寄せられた。2年目の2019年は一軍出場こそなかったがイースタンで本塁打、打点の2冠を獲得。昨季は開幕一軍を勝ち取り、7月から四番に抜てき、今季も開幕から四番に座った。だが、成績が安定せず、打順も降格。好守の遊撃手・エチェバリアの加入で藤岡裕大が三塁に回り、スタメンからも外れる日もあり、代打起用も増えてきている。チームは優勝争い真っただ中。今季の栄冠に加え、来季以降を考えても背番号5の奮起は明るい材料だ。シーズン終盤に復調なるか。

オリックス・バファローズ



 第1回入札で西武と重複指名となるも、福良淳一監督(現GM)が見事に交渉権獲得の当たりクジを引き当てたのが田嶋大樹(JR東日本)だ。不足していた左腕の獲得に成功して即戦力の期待を寄せた。応えるように1年目から先発ローテーション入りし、開幕2戦目でプロ初勝利。6月までに6勝を挙げる活躍を見せた。だが、6月末に左ヒジを痛めて離脱し、復帰したのは約1年後の2019年の6月。患部の回復に努めつつ、制球安定の課題改善にも着手し、昨季は自身初の規定投球回に到達した。プロ完封を飾るなど着実に成長を遂げ、今季も開幕から先発ローテを守って7勝をマーク。高卒2年目の宮城大弥が注目されがちだが、山崎福也との“先発左腕トリオ”は、チームの大きな武器だ。

福岡ソフトバンクホークス



 この年のドラフトはソフトバンクにとっては波乱。1位のクジ引きを外すに外して第4回入札で指名されたのが、吉住晴斗(鶴岡東高)だった。2年の夏に甲子園出場経験はあるものの、ポテンシャルは未知数。まさに“隠し玉”として、プロ入り後どれほどの成長を見せるか期待された。しかし、なかなか定まらない投球フォーム、調子の波も激しく、3年間で一軍デビューはおろか、二軍でも満足な成績を残すことができずにいると、2020年オフにはドライチでは異例のわずか3年で戦力外を言い渡された。1度は野球の世界から身を引く覚悟を決めた吉住だったが、先輩の縁から連絡をもらったダルビッシュ有(現MLB・パドレス)の言葉を胸に育成で再出発。サイドスローに転向して浮上のきっかけをつかみたいが、今季も状況は苦しいままだ。このまま終わってしまうのか……。

埼玉西武ライオンズ


西武・齊藤大将


 第1回入札で田嶋大樹(JR東日本)を指名した西武だがオリックスと競合し、クジで敗れ第2回入札で単独指名したのが齊藤大将(明大)だった。新人時代から一軍では主に中継ぎとして登板。しかし、制球難もあり1年目は16試合で1勝3敗1ホールド、防御率7.02、2年目は9試合で0勝0敗1ホールド、防御率6.75、3年目は7試合で0勝1敗、防御率9.90に終わる。4年目の今季は5月20日に神奈川県内の病院で左肘内側側副靱帯再建術(通称トミー・ジョン手術)及び後方関節腔クリーニング術を受け、実戦復帰には1年以上を要する見込みだ。

東北楽天ゴールデンイーグルス



 清宮幸太郎(早実、現日本ハム)、安田尚憲(履正社高、現ロッテ)の外れ外れ1位で獲得したのが大型右腕の近藤弘樹(岡山商大)だった。1年目から先発として期待されるもその座を確保できず、故障もあってなかなか結果を残せなかった。昨年までの3年間で17試合の登板。0勝4敗1ホールド、防御率7.00とプロ未勝利のまま戦力外に。その後、ヤクルトと育成契約を結ぶと春季キャンプは育成で唯一の一軍参加。アピールが認められ、3月15日には支配下登録を勝ち取った。リリーフとして開幕一軍入りを果たすとシュートを武器に安定感のある投球を披露。シーズン途中からは「7回の男」を任されたが、5月下旬に上半身のコンディション不良に。現在は二軍で調整を続けている。

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング