週刊ベースボールONLINE

HOT TOPIC

日本ハム自由契約の大田泰示 「右の長距離砲は貴重」と争奪戦の可能性も

 

紆余曲折を経た野球人生



 新庄剛志新監督が就任した日本ハムは変革の時を迎えている。今オフに海外FA権を持つ西川遥輝、国内FA権を持つ大田泰示、秋吉亮の主力3選手と話し合いをした上で、来季の契約を提示せず保留手続きを行わないと発表。3選手は自由契約となり、他球団と移籍交渉を行うことが可能になった。

 日本ハムでブレークした大田は複数球団が獲得に名乗りを上げる可能性が高い。他球団の編成担当はこう評価する。

「大田の推定年俸は1億3000万円。今年の成績を考えると減俸になるが、右の長距離砲は貴重です。右翼の守備も肩が強くて球際に強い。いくつかの球団が調査をしていると聞いています。31歳とこれから選手として脂が乗り切る時期です。まだまだレギュラーで十分に活躍できるでしょう」(スポーツ紙担当記者)

 紆余曲折を経た野球人生だ。東海大相模高では1年秋から四番に座り、高校通算65本塁打をマーク。元ヤンキースのデレク・ジーターを彷彿とさせる大型遊撃手として注目された。2009年ドラフト1位で巨人に入団。球界を代表する四番として活躍した松井秀喜氏の背番号「55」を継承したことが期待の大きさを物語る。長距離砲として期待されたが、なかなか一軍に定着できない。課題だった確実性を上げるために打撃スタイルを変えるなど試行錯誤を重ね、自慢の長打力が影をひそめる時期もあった。

 大田は巨人での在籍8年間について、週刊ベースボールのインタビューでこう振り返っている。

「苦しかったですし……とにかく時が経つのが早かったなと。すごく期待してもらって入団し、しかも1年目から松井(松井秀喜)さんの背番号『55』をもらって。否が応でも結果を出さないといけないというか、自分で自分をどんどん追い込んで窮屈にしてしまっていましたよね。『僕はこういう選手にならないといけないんだ』みたいに勝手な高い理想を作って、そこでがんじがらめになっていた。もちろん注目してもらえることは幸せなことなんですけど、一方でそれがプレッシャーになっていたのも間違いないです」

日本ハムで潜在能力が開花


 持っている潜在能力は間違いなく高い。16年オフに日本ハムへトレードされると、野球人生が好転した。移籍1年目の17年に外野のレギュラーに定着し、打率.258、15本塁打、46打点をマーク。プロ9年目で初の規定打席に到達した。18年は打率.274、14本塁打、59打点でオフに背番号「33」から「5」に。19年に打率.289、20本塁打、77打点と自己最高の成績を更新した。「超攻撃型二番打者」に抜擢した栗山英樹前監督への感謝を口にする。

「一番を打つ遥輝(西川遥輝)、三番を打つコンちゃん(近藤健介)、さらには四番の中田(中田翔)さんで畳みかけるような攻撃ができたときは楽しいですよね。チームにも勢いが出ますし、すごくやりがいも感じられる打順です。その一方で、もちろん六番とか七番、あるいは四番ほど好きに振れるわけでもない。勝つためにはチームバッティングも考えないといけないんですけど、そうした奥深さであったり、新たな野球観にも出合えたと思っています」

 昨年は打率.275、14本塁打、68打点と前年より数字が下がったが、右翼でリーグ2位の7補殺をマーク。自身初のゴールデン・グラブ賞を獲得した。今季は打率.204、3本塁打、20打点と状態が上がらず一軍に定着できなかったが、このまま終わる選手ではない。プロ14年目の来季はどの球団でプレーを決断するだろうか。

写真=BBM

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

関連キーワード検索

週刊ベースボール編集部

週刊ベースボール編集部が今注目の選手、出来事をお届け

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング