週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「田中広輔復活の陰に川口あり?」

 

満塁弾を放った広輔。いいスイングだね/写真=大泉謙也


慎之助、おめでとう!


 巨人阿部慎之助が先日通算400号本塁打をマークした。巨人の生え抜きでは王貞治さん、長嶋茂雄さんだけらしいね。彼は2001年のルーキーイヤーから13本塁打をマークした強打の捕手で、10年がキャリアハイの44本塁打。パワーだけじゃない。試合前にマシン相手に、わざとファウルを打ち続ける練習をよくやっているが、バットコントロールも天才的だ。

 俺が巨人のコーチになったのは翌11年で、開幕前の故障や統一球もあってホームランの数自体は減ったが、キャッチャーとしても打者としても、すごく存在感がある男だった。原辰徳監督も「今の巨人は慎之助のチームだ」と言っていたしね。

「あの投手にスライダーを覚えさせてください。カウントを取れる変化球がないと僕はリードができない」と言われたこともあった。カウントが悪くなったとき、ストレートでしかストライクを取れないと狙い打たれるし、次の伏線を張れない。一軍半くらいの選手だけど、変化球の握りを見せて、「これで投げてみな」と言っていたこともある。

 コーチの俺にもずけずけ言ってくるが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング