週刊ベースボールONLINE

川口和久のスクリューボール

川口和久コラム「阪神を追う巨人の秘密は原の穴? ソフトバンクは打線がピッチャー陣をカバーできるかだね」

 

5月24日の勝利で監督通算200勝を達成したロッテ井口資仁監督[写真=高原由佳]


脇役たち支える巨人


 シーズン最初の首位攻防戦とも言える巨人阪神3連戦が4月20日から東京ドームであった。首位を走る阪神は、新人・佐藤輝明の入団で勢いがついた打線が無類の強さを誇っている。チーム打率リーグトップに加え、甲子園を本拠地にしながらのチーム本塁打トップもすごいね。投げては、先発にほとんど勝ち負けがつくという安定した戦いをしているし、3連戦の結果次第でさらに勢いを増し、独走態勢になっていく可能性もあると思った(記録は4月25日現在)。

 実際、20日の初戦は10対5と大勝したが、そこから巨人が畠世周高橋優貴と先発の好投もあって2勝1敗と勝ち越した。2人とも一度は先発ローテのサバイバルに負け、“消えた”選手だ。今村信貴もそうだが、開幕前、先発の主軸からは外れていたピッチャーたちがチームを支えている。まさにうれしい誤算だね。

 打線も新外国人の来日が遅れた上に、丸佳浩中島宏之ウィーラーが新型コロナで抜け、いわば3つの穴が空いた。さらに四番の岡本和真が不振の中での戦いが続いていたが、松原聖弥香月一也廣岡大志ら脇役たちがうまく穴を埋めてきた。

 開幕前・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

川口和久

広島、巨人で活躍した川口和久氏が独自の視点でプロ野球に斬り込む連載コラム。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング