週刊ベースボールONLINE

Dreamers -夢を追いかける男達-

スペシャル対談「掛布雅之×西岡剛」前編

 

独立リーグ・ルートインBCリーグを応援するネット番組「Dreamers -夢を追いかける男達-」内において阪神タイガースオーナー付きシニアエグゼグティブアドバイザー(SEA)を務める「掛布雅之氏」が出演し、栃木ゴールデンブレーブスからNPB復帰を目指す「西岡剛」選手を訪ね豪華対談を実施。阪神2軍監督時代の西岡選手との関係性やケガをした時のエピソード等、本音の部分をじっくり語ってもらった。前編・後編の2回に分けて豪華対談の模様をお届けする。

栃木ゴールデンブレーブス・西岡剛選手


「西岡剛が見たBCリーグの環境」


掛布:野球する環境というのはNPBと比較すると厳しい部分があると思うけど、野球をやるBCリーグの選手の気持ちはプロ野球にも負けないくらい野球に強い気持ちを感じるのだけれどどう?

西岡:そうですね。やっぱりプロ野球の世界はNPBがトップクラスじゃないですか。BCリーグというのは社会人野球や大学野球の下くらいにくるレベルかもわからないんですけど、NPBを目指せる場所なんですよね。その中でNPBに行ける人というのは数パーセントと低いとは思うんですけど。でも、この過程を頑張っている選手は、もし野球を辞めた後、社会に出た時に絶対プラスになるんだと思うんですよ。

「BCリーグでプレーして受ける刺激」


掛布:そういうことを今年BCリーグに入って感じる?自分自身は栃木ゴールデンブレーブスで野球をやってみてどうですか?刺激とか色んな意味の違った刺激を受けているの?

西岡:まずは、すごく見られているというのを感じるんですよね。

掛布:それはね。ロッテ、メジャー、阪神とやってきて、怪我とかも経験し、そういう西岡選手がBCリーグに来ましたと。選手は上を見るように見ていると思うんだよね。それは俺が二軍監督の時に俺も(上に見られること)そうやって見られるの嫌だから、同じ目線で見てほしかったの?それは感じるでしょ?

西岡:今栃木の若い選手と接する際に参考にしているのは掛布さんです。掛布さんが阪神の二軍監督されている時に、若手に本当に孫を育てるように大事に(同じ目線の高さで)接していたのを身近でみていたので、僕の経験としてすんなり入ることができました。

掛布:でもそうするとね、若い選手から吸収することはすごくあるでしょう。技術的どうこうではないんだけども、野球に対する気持ちとか、プロ野球より純粋でしょ?

西岡:素直ですよね。すれていないというか、本当に純粋すぎて人間としてこの子をどういう風に成長させたいかなと言う風な気持ちになります。

掛布:それをまた自分が近くで見れるし、一緒に野球をやりながら若い子の成長が感じられるんだもんね。だから、今日僕この球場に来て、西岡選手の顔を見てまず感じたことは、良い意味で、ちょっと優しくなったかな。と。阪神時代の1軍の厳しい戦い。怪我をして私達リハビリをやっている西岡選手。そういう顔をずっと僕は見続けてきたから今素直に野球というものを楽しんでるんじゃないかなという気がするのよ。

「栃木に来たからこそプラスになったこと」


西岡:実際、4年連続怪我をして正直リハビリって自分の中では頑張ってたんですけど、心のどこかで野球ができない面白くなさというのがあるんですよね。それが1年、2年ぐらいで乗り越えれてたら、多分次の道に歩けたと思うんですけど。そのまま僕は戦力外になった人生を送ってしまったので何かこう辞める時ももやもやしたまま・・・。

掛布:中途半端って言ったら失礼なんだけど、自分の中の野球をやり切った感がなかったのかな。

西岡:ロッテの時というのは今みたいな感情にすごく似ているんですよ。

掛布:というと阪神は特殊だったってことかな?それはすごくわかるよ。良い意味でも悪い意味でも阪神とか巨人は特殊だと思う。

西岡:人気球団の宿命というのはありますよね。それも経験できたことというのはすごく大きい。

掛布:今ここにきてそういう良い経験も大切だと思うけど、俺は怪我をした(悪い経験)といったらおかしいけど、それも今の西岡にとってすごくプラスになってるんじゃないの?

西岡:もっと頭の賢い人は、僕みたいな怪我をせずにうまく乗り越えられていたと思う。僕の場合、若い時は、勘違いをしていた時期もあったじゃないですか?そういう僕にとってはこの経験が必要だったと思います。


掛布:僕はね、ひとつね、西岡選手に俺なりの悔いがあることはあなたが、自分をすごく追い込んで最高の身体を作り、最高のパフォーマンス(西岡)というものを復活させるんだという強い気持ちを持ってリハビリしていたのは肌で感じていたの。でもね、俺は何故、西岡今の年齢と、今お前がある野球というのは一番最高の野球ではなく、今の西岡に合った野球を見つけるべきじゃないかということをずっと心に思っていたんだけど、でもそれを言うことは西岡自身が今考えた最高のパフォーマンスをやるというリハビリに耐えられるのはその強い気持ちなんじゃないかなと。俺はあなたが球団を辞める時に、なぜ俺は「そうじゃないんだ、今の西岡の野球を一緒に作るんだ!」ってことを言ってあげられなかったなっていうのはすごい悔いが残っている。

西岡:今栃木でプレーを継続しているのは掛布さんのおかげです。アキレス腱が切れた時、グランドに顔をうずめて泣いてたのを見て、掛布さんはその日に電話をしてくれましたよね。

掛布:あの涙を見た時、「僕はその時に辞めるという涙」だったと思ったからすぐ電話したんだよ。

西岡:実は掛布さんの電話の前に6件くらい色んな方から電話があったんですよ。でも電話にでたくないじゃないですか。皆いう事一緒じゃないですか。当時二軍監督の掛布さんから着信があった時、それまで二軍で、僕に対する助言というのは、すごく僕にとって若手に対してこうした方が良いんだとか、ユニホームの着こなしもそうだし、特別扱いっていうのがない方なんですよね。

 それが僕にとってはすごく新鮮でこういうところを社会人としてちゃんとやらなければいけないんだということを教えてもらったんですよ。その人からの電話だったのでとりあえず出てみようかなと思って電話にでました。一発目に掛布さんに言われたのは「辞めるなよ」ていう僕の心を一番最初に読んでくれてたので、そこからまた僕は火ついたわけなんですよね。

掛布:僕がなぜね、辞めるなと言ったかというと、今西岡が辞めることによって、これだけ大きな怪我をした選手に対して、阪神は辞めさせるんだと思わせることは、阪神というチームを目指してプロ野球に憧れてやっている子供達がいるわけだよね。

 それにまずすごくマイナスになるなということと、西岡自身の野球に対して、まだまだ僕はできると思ったし、「お前まだ阪神来て何もやってないのに、辞めるなんて許さないぞ!」ってとにかく来年のキャンプまでどうにかできるような形で頑張ってキャンプ一カ月一緒に遊ぼうよ。と言ったんだよな。西岡がユニホームを着続てくれたから僕はすごく嬉しかったんだよ。

後編:西岡剛が人生で一番後悔したこととBCリーグ改革案 へつづく

左から阪神タイガースオーナー付シニアエグゼグティブアドバイザー掛布雅之氏、栃木ゴールデンブレーブス西岡剛選手


西岡選手が所属するBCリーグ。BCリーグは「夢を目指す場所でもあり、あきらめる場所」でもある。西岡選手のようにNPB復帰を目指し努力する選手も入れば、ドラフト指名を目指し、日々練習に励む選手もいる。未完成な選手の成長を楽しむこともBCリーグの魅力の一つ。「ふるさとの全力プロ野球」というコンセプトを体現するチームのプレーをぜひ一度観戦してみてほしい。

記事提供=KIZUNA編集部

Dreamers 〜夢を追いかける男達〜
プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグに所属する全選手の中からイチオシ選手を発掘し、ドラフトまで真剣に応援するドラマティックドキュメンタリー番組をYoutubeチャンネル内にて配信中!

豪華対談の前編を動画でチェック
https://youtu.be/A1m8NdGDBBk

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング