週刊ベースボールONLINE

“一打無敵”のご意見番が球界を斬る 張本勲の喝!!

張本勲コラム「大監督とはカリスマ性を備え、時に非情な采配を振る勝負師だ。ただの“いい人”ではとても監督は務まらない」

 

巨人のV9において川上監督の存在が絶大であったことは言うまでもない


川上監督のカリスマ性。三原監督のアイディア


 80年以上のプロ野球の歴史の中で、私は4人の監督のことを“四大監督”と呼んでいる。水原茂さん(元巨人監督ほか)、三原脩さん(元西鉄監督ほか)、鶴岡一人さん(元南海監督)、そして川上哲治さん(元巨人監督)だ。その次、という言い方は悪いかもしれないが、西本幸雄さん(元阪急監督ほか)や廣岡達朗さん(元西武監督ほか)、野村克也さん(元ヤクルト監督ほか)、森祇晶さん(元西武監督ほか)などが続く。“四大監督”とほかの監督の何が違うのかと言えば、もちろん一番は結果だ。大きなゲームに強いということもあるし、いずれも監督としてのカリスマ性を備えていた。そして、戦い方を知っていた。相手の弱点と長所を知り尽くした上で駆け引きをすることができ、勝負に徹して時に非情とも思えるような采配を振ることができた。グラウンドの上では選手たちを平等に扱い、決して好き嫌いで起用することはなかった。

 選手たちは新しい監督がやってくると、春季キャンプからオープン戦にかけて「ウチの監督は大丈夫だ」「これはダメだ」と評価していくものだが、この4人のような監督には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

張本勲

球界きってのご意見番として活躍する野球評論家の張本勲氏が週刊ベースボールで忖度なしの喝を発信。球界の未来を考えた提言を展開する。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング