週刊ベースボールONLINE

彼らが「2018年の顔」になります!

期待値MAX!? わがチームの次なるスターたち ロッテ編 平沢大河、成田翔、肘井竜蔵

 

開花目前、開花必至のホープはまだまだたくさんいる。ここからは本誌の担当記者が2018年に暴れまくる(可能性が高い)「2018年の顏」候補を各チームから3人選んでみた。
※期待度は2018年のブレーク可能性 50以上=たぶん、60以上=おそらく、70以上=かなり、80以上=絶対、90以上=スターです、100=神になります

期待度75% 平沢大河 “3年目の正直”で遊撃狙う大器


平沢大河/ひらさわ・たいが/内野手/21歳/宮城県出身


 大きな期待に今季も応えることができなかった。50試合で打率は.176。「チームの中で遊撃として一番多く試合に出たい」という目標にも届かなかった。それでも若き大器に寄せられる期待の大きさは変わらない。鈴木は三塁へ再コンバートとなり、中村奨吾は二塁を任されることになった。ライバルは多いが、秋季キャンプの紅白戦、台湾遠征では先発に名を連ね、結果でも応えてみせた。井口資仁新監督は「野手陣はセンターラインも固まっていない」と課題を口にした。遊撃固定は重要課題の一つ。そこに収まることが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー