週刊ベースボールONLINE

彼らが「2018年の顔」になります!

期待値MAX!? わがチームの次なるスターたち 中日編 阿知羅拓馬、笠原祥太郎、近藤弘基

 

開花目前、開花必至のホープはまだまだたくさんいる。ここからは本誌の担当記者が2018年に暴れまくる(可能性が高い)「2018年の顏」候補を各チームから3人選んでみた。
※期待度は2018年のブレーク可能性 50以上=たぶん、60以上=おそらく、70以上=かなり、80以上=絶対、90以上=スターです、100=神になります

期待度65% 阿知羅拓馬 次は一軍でタイトルを


阿知羅拓馬/あちら・たくま/投手/26歳/大阪府出身


 ウエスタンでは24試合に投げ、9勝3敗、防御率2.10。しかし一軍ではその力を発揮できず、4試合で0勝1敗、防御率4.85に終わった。

「ファームで結果を出せても、一軍では打たれて二軍に行くことが多く、悔しいシーズンだった」。ウエスタンの優秀選手賞は2年連続の受賞。それは同時に、ファームが主戦場となっていることを意味している。2年連続で2ケタ勝利投手がゼロに終わっているチームは今、新たな力の台頭が望まれている。「1試合でも多く一軍で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

週刊ベースボール

バックナンバー