週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト特集

【2018ドラフト】「2018.10.25」運命の日の見どころは!?プロ注目の逸材をチェック!!

 

2018年のプロ野球ドラフト会議は、10月25日に開催される。アマチュア野球の各公式戦の試合会場には「対象選手」の視察を目的とした、NPBスカウトの活動も精力的だ。“運命の日”まで半年を切ったスカウティング事情を徹底特集していく。

センバツ連覇で「評価」決めたTOINコンビ



 大本命──。史上3校目のセンバツ連覇という重圧を乗り越えたのだから、相当な精神力だ。根尾昂は投打に加えた遊撃手の「三刀流」として躍動。左打席では打率.500、チーム最多8打点で、遊撃守備でも軽快なフットワークを披露。また、投手としては2完投を含む3勝を挙げ、防御率1.04で昨春に続く胴上げ投手となった。一方、藤原恭大は疲労蓄積による右ヒザ付近の筋肉の炎症により、万全なコンディションではなかったが、1年夏からレギュラーの“経験値”でカバー。三重高との準決勝ではタイブレーク突入寸前の12回裏にサヨナラ打を放ち、勝負強さを見せた。西谷浩一監督の配慮により、本来の一番ではなく、右ヒザの負担を考慮し四番で起用され、打率.364、7打点。藤原について、あるNPBスカウトは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング