週刊ベースボールONLINE

 

清原和博(PL学園)以来となる1試合3ホーマーを放った平田良介(大阪桐蔭)に、当時の貴重な話を聞いたが、ここでは昨夏まで94回に及ぶ“夏の甲子園”で作られた、主な本塁打記録について振り返ってみたい。

あらためて清原の偉大さを思い知らされるとともに、智弁和歌山の豪打ぶりに驚愕。果たして今夏、これらの記録を破るスケールの大きな選手、チームは出てくるのだろうか。
※その他の投打の記録は別ページに掲載

▲05年夏、あこがれの清原和博に並んだ平田良介



【大会記録】

個人最多本塁打 5本
清原和博(PL学園) 第67回/1985年[5試合]



 開幕前までに高校通算57本塁打を記録していた清原和博の、この大会の目標は『3本打つこと(通算60本塁打)』。3回戦まではノーアーチだったが、準々決勝・高知戦でソロを架けると、続く準決勝・甲西戦では2ラン2本で目標の60号を達成。『気が楽になった』と臨んだ決勝・宇部商戦は、4回裏に左翼ラッキーゾーンへ運び(※これで3試合連続アーチ。連続記録)、6回裏にはバックスクリーン左へ突き刺す豪快な一撃。ABC朝日放送・植草貞夫アナの『甲子園は清原のためにあるのか〜』の名実況はこのときのもので、PL学園はこの試合に勝利し、大会を制した。なお、清原の甲子園春夏通算13本塁打(夏9本)29打点も、今なお破られぬ大記録である。

チーム最多本塁打 11本
智弁和歌山(山野純平3、後藤仁3、武内晋一2、堤野健太郎2、池辺啓二) 第82回/2000年[6試合]



 100安打、157塁打、当時の最高打率.413と、猛打を連想させる記録をほぼ上書きして頂点に立った『史上最強打線』。なかでも燦然と輝くのがこの11本塁打だ。2回戦と準決勝はノーアーチだから、実質4試合で達成したことになるが、圧巻だったのが...

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング